住宅改修
ホーム > 住宅改修
介護保険における住宅改修
介護保険制度では住宅改修費支給制度があります。
要介護又は要支援1・2の認定を受けた方で、在宅で生活している場合に手続きを行い下記の6種類の改修を行った場合に支給限度基準額を20万円として、住宅改修に要した費用の9割(最高で18万円)が給付されます。
(利用者の負担は改修費用の1割となります)
住宅改修費の支給対象
(1)手すりの取り付け
廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒予防若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として設置するものです。手すりの形状は、二段式、縦付け、横付け等適切なものとされます。
※貸与告示第7項に掲げる「手すり」に該当するものは除かれます。
(2)段差の解消
居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には、敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等が想定されます。
※福祉用具貸与に揚げる「スロープ」又は福祉用具購入に掲げる「浴室内すのこ」を置くことによる段差の解消は除かれます。
※昇降機、リフト、段差解消機等動力により段差を解消する機器を設置する工事は除かれます。
(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
居室においては畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更等が想定されます。
(4)引き戸等への扉の取替え
開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれます。
※引き戸等への扉の取替えにあわせて自動ドアとした場合は、自動ドアの動力部分の費用は除かれます。
(5)洋式便器等への便器の取替え
和式便器を洋式便器に取り替える場合が一般的に想定されます。
※福祉用具購入に掲げる「腰掛便座」の設置は除かれます。
※和式便器から、暖房便座、洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えは含まれるが、既に洋式便器である場合のこれらの機能等の付加は含まれません。
※非水洗和式便器から水洗洋式便器又は簡易水洗洋式便器に取り替える場合は、当該工事のうち水洗化又は簡易水洗化の部分の費用は含まれません。
(6)上記(1)から(5)の住宅改修に付帯して必要となるもの
(1) 手すりの取付け
手すりの取付けのための壁の下地補強
(2) 段差の解消
浴室の床の段差解消に伴う給排水設備工事
(3) 床又は通路面の材料の変更
床材の変更のための下地や根太の補強
通路面の材料の変更のための路盤の整備
(4) 扉の取替え
扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
(5) 便器の取替え
便器の取替えに伴う給排水設備工事や床材の変更
住宅改修の事例
改修前
長い急な階段も、頑丈な手すりをつけ安全に。
改修後
改修前
玄関の形に合わせて踏み台も自在に取り付け可能です。
改修後
改修前
門から道路までも外用の手すりを取り付け安全に外出できます。
改修後
改修前
植込みの部分をスロープに改修し、車椅子の出入りがスムーズに出来る様になりました。
改修後
改修前
引戸前の壁がないところでも、支柱を立て手すりが付けられます。
改修後
改修前
玄関に入ってから廊下まで曲がって長い手すりもしっかりとつけることが可能です。
改修後
改修前
ちょっとした段差もスロープで解消できます。
改修後
改修前
狭いトイレも手すりで立ち上がりが楽になります。
改修後
改修前
お風呂では転倒が怖いです。手すりでしっかりと安全確保。
改修後
改修前
玄関だけが出入り口とは限りません。外用階段と手すりで安全に出入りできます。
改修後
住宅改修の進め方
(1)ご相談
担当者が、ご自宅で症状などをお伺いながらご相談にお応えいたします。
(2)現場調査
ご自宅を見せていただき、どういった改修が必要か調査します。
(3)ご提案・見積
ご要望と調査に基づいて、改修図面と見積りを提示させていただきます。
(4)事前申請
ご提案内容でよろしければ、市町村へ事前申請を行ないます。申請書類などは、担当者がお手伝いさせていただきます。
(5)施工・管理
工事に入りましたら、進行状況や施工状況など担当者が責任を持って管理させていただきます。
(6)完了申請
工事が終わりましたら、市町村へ完了申請を行ないます。申請書類などは担当者がお手伝いさせていただきます。